年末風物詩 カソウ化 は今年は 12/17 に行います!

CLR/H #103 ~ クリスマス オブ ザ デッド ~
https://clrh.connpass.com/event/45552/

今年も年末風物詩を目論むカソウ化を 12/17 に行います!
今はまだ空欄となっているセッション情報は、今後どんどん更新されていきますのでお楽しみに!

日本マイクロソフトからは、ジニアスと安納さんが参戦していただけます!

CLR/H in Tokyo 第11回は10月22日(土)開催です!

なおきです。

次回のCLR/H in Tokyo割と本気で講師調整等を実施してみたところ、大変豪華な講師陣による勉強会となりました。

詳細は下記ページを参照ください。

CLR/H in Tokyo 第11回(connpassページ)

セッション情報は下記の様になります(随時更新予定)。

Developerセッション
#1

講師名 講師紹介
 清水さん  一部で有名な唐揚げ屋さん「極鶏.Bar (ごくちー)」を運営し、UI/UX、人間中心設計 (HCD) を軸に、超上流からのコンサルにより、お客様の本当の価値を創造~開発~リリースまでをさせていただく、そんな会社でアーキテクトをしております。
最近は私が書いたソースコードが本番環境にデプロイされるのは年に4回程度です。
セッションタイトル
既にデータソースをお持ちのそこのあなた!Power BI で可視化、してみませんか?~Power BI with ASP.NET WebAPI OData~
セッション概要
Power BI Desktop は OData をデータソースにすることができます。そして Visual Studio では簡単に ASP.NET Web API を OData に対応させることができます。つまり、データソースを持っている VS 使いであれば、たとえどんなデータであれ、簡単に Power BI と連携させることができるのです。

#2

講師名 講師紹介
 xin9leさん
セッションタイトル
 C# 7 Current Status
セッション概要
 C# 7 全開の内容となる予定

#3

講師名 講師紹介
ちょまど(千代田まどか)さん  Microsoftテクニカルエバンジェリスト
セッションタイトル
「Xamarin + Azure」
セッション概要
 「サーバサイドをAzure、クライアントをXamarinで開発しよう!」

#4

講師名 講師紹介
ジニアス平井  マイクロソフトテクノロジーセンターで Data Platform/IoT を担当しているオヤヂエンジニア。
セッションタイトル
 Genius Halloween World.
セッション概要
 Cognitive Service とか Bot Framework とかのAIネタでハッピー・ハロウィン!

#5

講師名 講師紹介
 あんどーさん
セッションタイトル
 Node.jsで画像合成+サイネージコンテンツ制作よもやま話(仮)
セッション概要

#6

講師名 講師紹介
 長沢智治さん  Senior Evangelist at Atlassian. Rational Software, IBM などで現場のコンサルタントを実施したのち、Microsoft, Atlassian にてエバンジェリスト歴10年。通りすがりのエバンジェリスト。Twitter: @tnagasawa
Blog: https://www.evangelism.jp
セッションタイトル
 カンバンとDevOpsと555
セッション概要
まだ DevOps という言葉で消耗しているんですか?DevOps なんて『言葉』を追いかけるより、現場とソフトウェアが生み出す価値に注力しましょう。このセッションでは、「カンバン」を学ぶことでソフトウェア開発で欠かすことができない価値のパイプラインをみていきます。セッションをきいていただけると仮面ライダー555をより効率的にキャッチアップいただけます。「すべて乾巧って奴の仕業なんだ」

IT Proセッション

#1

講師名 講師紹介
安納順一(あんのう じゅんいち)  IT業界に入って25年、マイクロソフトに入社して10年目。
齢48にして何気に受講したAgile ワークショップに完全に洗脳され、
なんとかインフラエンジニア向けに翻訳しなければならんと脳みそフル稼働中。今回はその第一弾。
初ネタなので胃が痛いです。
セッションタイトル
DevOps へ技術面からアプローチ~Infrastructure as Code によるサーバー展開自動化の意義とは
セッション概要
インフラ技術者がいらなくなる?そんな馬鹿なとお思いのインフラエンジニアの皆さん、そう、まさにそれはバカなお話なのです。
でも、インフラ技術者のやるべきこと、期待値は確実に変わります。なぜならば Infrastructure as Code によって”時間”が生まれるから。
いままで十分でなかった新技術のキャッチアップ、最新で高度なインフラ設計/構築に取り組むチャンスがやってきました。
本セッションでは、これからのインフラエンジニアに期待されるポジションと、まずは手っ取り早く効果を出す Infrastructure as Code について Azure プラットフォームを基盤に考えてみたいと思います。

#2

講師名 講師紹介
東芝の中の人:莊司さん
Microsoftの中の人:小塚さん
(東芝の中の人)ドイツから帰ってきた通称さーや。目指せSSDマイスター(!?)
(Microsoftの中の人)DevOpsのエバンジェリスト。隙間を埋めるお仕事が得意。今回はさーやの召使的キャラ設定(らしい)。
セッションタイトル
NVMeって知ってます? 東芝のSSDって知ってます? Windows Server 2016 って知ってます?
セッション概要
 東芝だってSSD作ってるんです!某S社とか某I社だけじゃないんです。東芝だってSSD作ってるんです!

#3

講師名 講師紹介
たなか(@tanaka_733)さん  Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies, working for Red Hat
セッションタイトル
 「Linux on Azure の世界」Microsoft Azure Linux Agent/Extensions概説、およびAADとの連携シナリオ
セッション概要
Azureに新規にデプロイされる仮想マシンのうちLinuxは50%に及ぶらしいのですが[1]、Linuxを動かす場合Microsoft Azure Linux Agent (waagnet)は必須であり、さらにAzure Linux Extensionsを活用することで、より便利な使い方ができるようになります。Azure Linux Agent や Linux Extensions についてはあまり情報がないのですが、これまでに調べた内容を共有したいと思います。加えて、Linux on AzureでAAD(Azure Active Directory)と連携させたいというケースがあると思います。

OpenShiftといったサービスをOpenID Connectを使ってAADで認証する方法、またLDAPリポジトリとしてAADを使いたい場合にAAD DS(Azure Active Directory Domain Services)を使う方法などを紹介したいと思います。
なお、スピーカーはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を中心に調査しています。極力Linux全般に適用できる内容にする予定ですが、動作確認などはRHELで行っていることをご了承ください。

[1] http://japan.zdnet.com/article/35084409/

#4

講師名 講師紹介
横田 真俊さん さくらインターネット エバンジェリスト 兼 さくらのVPS企画担当 兼
さくらのクラウド 企画担当補佐として、エバンジェリストをやりながらサービスの企画担当を行っております。
セッションタイトル
さくらインターネットのサービスを例にしたクラウドサービスの作り方
セッション概要
現在はVPSやクラウドサービスを利用すれば、数分でサーバが調達できるよう
になっています。それでは、クラウド事業者やVPS事業者はどのようにしてサービスを提供しているのでしょうか? 本セッションでは『さくらのVPS』や『さくらのクラウド』例にして、VPS事業者
やクラウド事業者がどのようにサービスを作成・運営しているかをご説明いたします。

#5

講師名 講師紹介
 宇留野さん  Office 365 新卒管理者奮闘ブログ の中の人です。
Microsoft MVP for Office Servers and Services
ハロウィンの仮装はまだ悩み中です (*’ω’*)!
https://www.facebook.com/office365blog/
https://office365blog-public.sharepoint.com/
セッションタイトル
Bot × Office 365 〜 Microsoft Bot Framework と Microsoft Graph API を使った業務システムの新しい UX 〜
セッション概要
 Office 365 に bot を登場させて業務効率化を図ります。

#6

講師名 講師紹介
 及川さん SharePoint一筋10余年。
まだまだ広がりを見せるSharePointの使いどころや効果的な使い方から魔改造の仕方まで、ご要望に応じてなんでもご対応いたします。(※)
Office Development MVPの及川です。今年からはOffice Development MVPとして、SharePointだけでなく、Office 365を中心としたカスタマイズ、開発系の情報発信を主として行ってまいります。
CLR/Hへの登壇は今回初めてとなります。よろしくお願いいたします。※実際のところはお客様におけるSharePointの位置づけ、使われ方に応じて適切なご提案をさせていただいておりますので、ご安心を。
詳しくはアドバンスド・ソリューション(http://www.advanced-solution.jp)まで。
セッションタイトル
 Microsoft FlowはSharePoint Designer Workflowの代わりになり得るか!?
セッション概要
SharePoint Designerは2013が最終バージョンとなり、この先サポートは続くものの新バージョンはリリースされないことが表明されているのは皆様ご存知の通り。
マスターページの編集とかはSharePoint Designer無しでも問題なくできるようになったけど、SharePoint Designer ワークフローはどうなるの!?
2013ワークフローはもうおしまい!? と、いろいろ頭がぐるぐるしてきます。そんな中マイクロソフトから登場したワークフロー的なサービス、「Microsoft Flow」。どうしたって、SharePoint Designerワークフローの後釜と考えてしまうのが、SharePointerというものですよね。
ということで、今回はSharePoint Designerワークフローの代わりとして、Microsoft Flowが使えるものなのかどうかを実験してみようと思います。
※なお、このネタがあまり面白い展開にならなさそうなら、セッション内容を変える可能性がございますことをご了承ください。。。

7/2 CLR/H 勉強会では Hololens / PowerShell / SQLServer とてんこ盛りです

CLR/H #clrh101 ~日本の夏、MR の夏~http://clrh.connpass.com/event/31379/participation/#participants

差来週末になった 7/2(土) には CLR/H 勉強会を、
株式会社 インフィニットループ 様 会議室
をお借りして開催します!

今回も学生さんは無料で参加可能です。無料でなおかつおやつもついてきます!

今回は普段大阪で活動されている Microsoft MVP の方 3 名をお迎えして、
表題にあるように Hololens / PowerShell / SQL Server の話題を話していただきます。

登場以来すごく話題となっている Hololens は実機を持っていただいたうえでの開発向けセッション、
Windows Server 2016 を踏まえた PowerShell セッション、
6月に登場したばかりの SQL Server 2016 も含めた SQL Server セッション
と、今回も非常に豪華な内容となっていますので、ご都合築方は是非参加してください!

当日 LT 枠もありますので、5 分(くらい)発表をチャレンジしてみたい方は、練習がてら是非是非チャレンジしてみましょう!

6/18(土) のオープンソースカンファレンス 2016 Hokkaido にセミナー枠で登壇します

osc16do6/18(土) に札幌コンベンションセンターで開催される「オープンソースカンファレンス 2016 Hokkaido」Day 2 に、CLR/H もセミナー枠で登壇させていただきます。

タイトルは、今話題の .NET Core を舞台にした、

「Mac でも Linux でも動く!
C#製ネットワークサーバーアプリ BlackJumboDog を .NET Core 上に移植した話」

講師は Microsoft MVP for Microsoft Azure の松田 恭明さん

場所と時間は、札幌コンベンションセンター 2F 204 会議室にて 6/18(土) 11:00 からです。

オープンソースカンファレンス 2016 Hokkaido 公式サイトでの掲載は下記 URL からご覧ください。

https://www.ospn.jp/osc2016-do/modules/eguide/event.php?eid=33

オープンソースカンファレンス 2016 Hokkaido ではほかにも、CLR/H でブース展示に出展していたり、松田 恭明さんが所属/活動している JAZUG (Japan Azure User Group) 札幌によるセミナー枠「MacでAzureを使ったAndroid アプリを作ってみよう」(Microsoft MVP for Microsoft Azure 吾郷 由知さん、13:00~, 2F 204 会議室) もあるなど、大変にぎやかです。

当日はみなさんとお会いするのを楽しみにしています!

3/19(土)は CLR/H in TOKYO #9 なのです!

CLR/H スタッフの何名かが、北海道を離れてしまうことが多いために開催されるようになった CLR/H in TOKYO も 9 回目!

今回は ビットアイル・エクイニクス株式会社 様のご協力により、セミナールームをお借りできました。ありがとうございます!

申し込みは下記サイトにて行っています。
http://clrh.connpass.com/event/26960/

今回も色々な話を聞いて刺激を受けてもらえるような会にしたいと思っていますので、
ご都合つく方はお気軽に参加してみてください。

LT も募集中です!

 

【CLR/H共催】第13回 Office365 勉強会 が2月6日(土)開催!

東京で主に活動しているOffice 365勉強会(Office 365コミュニティ)が遂に札幌に遊びに来ます!

CLR/Hは共催という形で参加します。会場は最近よく使わせていただいているU-calaさん。

Office 365を既に会社で導入している方も、開発が興味ある方も、運用がどういう風にするといいのか、実際の利用者とのグループディスカッションまでも一度で知ることが出来るお得な会です!

普段CLR/Hに参加されている方はある程度Office 365の知見も貯まりつつあると思いますが最新情報もてんこ盛りで提供予定です。奮ってご参加ください!

 

勉強会詳細はコチラ!

Japan Office365 Users Group 第13回 Office 365 勉強会 まとめ

申し込みはコチラ!

第13回 Office365 勉強会 ~ 北の国から2016 ~

 

なおき

もはや年末の風物詩!? CLR/H 勉強会 カソウ化祭り 2015 – 12/12(土) 開催! 予定を空けておくよーに!

タグ

,

[2015-11-06 更新 – connpass ページにて参加申し込み受付開始しました!]

リピーター参加者の皆様からは “年末の風物詩” とも言われるに至る「CLR/H 勉強会 – カソウ化祭り」。

今年2015年は、12/12(土) 開催で日程決定しました!

会場は JRタワーオフィス 20F マイクロソフト北海道支店セミナールーム です。

「CLR/H 勉強会 – カソウ化祭り」とは、いわゆる CLR/H 主催によるセッション形式のIT系勉強会には違いなく、普通に硬派な内容のセッションが展開されるます。
ただし、登壇者も参加者も「仮化」ならぬ「仮化」して参加するという、ちょっと特別な回なのです。

この投稿のフィーチャ画像は、昨年、札幌ではなく東京の CLR/H 出張で開催されたときの集合写真です。
雰囲気、伝わりますよね?

「仮想化は活用してるけど、仮装化は初めて…」という方でも大丈夫。
サンタ帽のようにライトなものから、HALO の Master Chief (ある意味本物!) まで、各種 “カソウ化キット” を会場にて用意してますので、手ぶらでいらしても OK です!

ということで、参加申し込みは下記の connpass ページからどうぞ。

connpass – CLR/H カソウ化祭り 2015 – 参加申し込みページ
http://clrh.connpass.com/event/22490/

タイムテーブル詳細は目下手配中ですが、上記 connpass ページにありますとおり徐々に固まりつつあります。
また、CLR/H の勉強会ですし、クリスマスシーズンということで、おやつタイムでおいしいケーキもきっとあるはず
近日中に改めてご案内しますので暫しお待ちください。

リピーターの方も、初めての方も、今年の12月は札幌で IT 技術を学びつつ、不思議で愉快な魔空間の雰囲気を楽しんじゃいましょう!

とにかく、今年の 12/12(土) は、カソウ化祭り参加のために他の予定はあけておきましょう、ということで🙂

7/11(土) CLR/H 第96回勉強会は Windows 女子部と合同で「Microsoft Azureで描く未来 ! in 札幌」★テーマ★:DREAM ― 夢はみんなで描くと現実になる! ―

タグ

7/11(土) 10:00 からJRタワーオフィス マイクロソフト北海道支店セミナールームにて、CLR/H 勉強会第96回相当として、Windows女子部と合同開催で
Microsoft Azure で描く未来! in 札幌 ★テーマ★:DREAM ― 夢はみんなで描くと現実になる! ―
を開催します。

Microsoft Azure をテーマに掲げてはいますが、パブリッククラウド全般を視野に入れ、JAWSUG 札幌 佐藤 英治さんにもご登壇いただきます。

当日会場は、電源および Wi-Fi インターネットアクセスを提供します。
また、Twitter のハッシュタグは #clrh96 でよろしくです。
CLR/H 勉強会で恒例の「おやつタイム」も健在ですよ!

今回は前日 7/10(金) 夜には前夜祭、翌日 7/12(日) には富良野ツアーも企画されています。
申し込みタイムテーブル、参加費など詳細は「こくちーず」のページ からどうぞ。
(タイムテーブルの iCal (.ics) はこちら)

それでは当日お会いしましょう!

6/13(土) CLR/H勉強会 – オープンソースカンファレンス 2015 Hokkaido – Arduinoで温度を測るところまで

タグ

,

6/12(金)~13 (土) 開催のオープンソースカンファレンス 2015 Hokkaido に、CLR/H も定期勉強会を兼ねて2日目セミナー枠に登壇いたします。

スピーカーは、昨年の TechMix Hokkaido でもスピーカー登壇されていた @rarere さん、セミナータイトルは「Arduinoで温度を測るところまで」です!

以下、オープンソースカンファレンス 2015 Hokkaido 公式サイトからの引用です:

Arduinoで温度を測るところまで
レベル:入門編
前提知識:fizzbazz問題解ける
興味はあるけど触ったことない人、組み込みの壁が高い人、買ったけどまだ何もしてなかったりする人向けに、Arduinoを使って温度を測れるようになるところまでを紹介します。はんだごては使わないで。
引用元: http://www.ospn.jp/osc2015-do/modules/eguide/event.php?eid=44

日時は2日目 6/13(土)11:00 ~ 11:45

いまバズってる(!?) IoT の入口部分・センサー部分の入門となるかもしれません、ご興味のある方は是非ご参加ください。

また、CLR/H はセミナーだけでなく、ブースも出展いたします(セミナーと同じく、2日目 6/13(土) のブース出展になります)。
こちらも下記のとおり、電子工作っぽい内容が絡んだ出展を含みます。

RaspberryPi 上で C# 製 Web サーバを実行しスマホから WiFi アクセス、スマホのWebブラウザでRaspberryPi に接続した LED を制御します・他
引用元: https://www.ospn.jp/osc2015-do/modules/article/article.php?articleid=1

出展内容の予定は上記のとおりですが、「他」というのがミソで、他にどんなトンデモオモシロイ出展があるかは当日のお楽しみ!

尚、オープンソースカンファレンス 2015 Hokkaido におけるCLR/H 関連のツイートには、ハッシュタグ #clrh95 を付け足しておいていただければ幸いです。

それでは 6/13(土) は札幌コンベンションセンターでお会いしましょう!


オープンソースカンファレンスは、とくに明確な事前参加申し込みや受付とかはないようですので、セミナーもブースも、当日ぶらりと立ち寄ってもらって大丈夫です。
ただしセミナーについては、部屋割りの都合などもあるようですから、参加予定のセミナーについてはできれば、オープンソースカンファレンス 2015 Hokkaido 公式サイトから事前に参加登録してくのがよいでしょう(参加登録はこちらからどうぞ)。

5/16(土) CLR/H 第94回勉強会は、Windows女子部と合同協賛で「Meets IT and AED」

タグ

5/16(土) 10:00 から札幌JRタワーオフィス マイクロソフト北海道支店セミナールームにて、Windows女子部と合同協賛で CLR/H 第94回勉強会「Meets IT and AED」を開催します。

AED とは、街中で見かける、赤い看板や箱に入って設置されてるアレ。
突然の心停止を起こして倒れた人に対し、電気ショックを与えて心臓の働きを元に戻す装置です。

今回の CLR/H 勉強会は、その AED と IT 技術の活用がテーマ。
位置情報などから AED を検索できる Web 上のオープンデータとその API を使ったプログラミングのハンズオンや、Xamarin for Android による Android アプリ開発の話題などの技術系セッションのほか、AED 利用の実習もあるなど、ただの IT 系勉強会とは一風変わった開催となりそう。

ガイド役は、AED オープンデータを推進し、「AED 検索」Windows ストアアプリの作者である、LOD チャレンジ Japan2014 ダブル受賞者 & Miccrosoft MVP 受賞者 初音 玲さん
そして、日本赤十字社のインストラクターとして実際に AED の使い方を教えているちこたんです。

恒例の「おやつタイム」と、AED に縛られることなく雑多なテーマでのライトニングトークも実施します(ライトニングトーク登壇をご希望の方は申し込み時にその旨一言いただくか、@jsakamoto までお知らせください)。

本編終了後は運営公式の懇親会も実施します。
AED 関連の話題はもちろんのこと、そのほか各種 IT 技術ネタを肴に親睦を深め、楽しく情報交換しましょう。

当日会場は、電源および Wi-Fi インターネットアクセスを提供します。
特にハンズオンセッションでは Windows・Mac・Linux 問わず何かしら PC を持参されるとより深く体験できそうです。

また、Twitter のハッシュタグは #clrh94 で。

申し込みタイムテーブル、参加費など詳細は「こくちーず」のページ からどうぞ。
(タイムテーブルの iCal (.ics) はこちら)

それでは当日お会いしましょう!


勉強会参加後のアンケートは こちら https://goo.gl/4QqRup からどうぞ。